宮中 大介(みやなか だいすけ) 代表取締役社長

【経歴】
  • 東京大学教養学部生命・認知科学科認知行動科学分科卒業(心理統計専攻)
  • 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻修了(公衆衛生学修士、精神保健学専攻)
  • 格付会社にてアナリストとして証券化商品の分析評価、中堅企業の財務分析、倒産企業の統計作成等を経験。
  • EAP(従業員支援プログラム)会社にてストレスチェック事業部門長としてストレスチェックサービスのシステム設計・運用、営業支援、顧客企業向けコンサルティング、セミナー講師に従事。また、新規事業開発部門長として新規事業開発、データベース、統計作成等に従事。
  • 当社設立後、健康経営、メンタルヘルス対策、職場のパフォーマンス向上のためのコンサルティング・研修事業、統計学・データ分析に関する教育研修事業に従事。
【専門領域】
  • 心理学・産業保健の知見を活用した組織に対するコンサルティング
  • メンタルヘルス対策、職場のパフォーマンス向上のための教育研修
  • メンタルヘルス(特にストレスチェック)に関するサービス開発支援
  • マーケティングに関するデータ・人事に関するデータの統計分析
【資格】
  • 中小企業診断士
  • 健康経営アドバイザー(上級)
【所属】
  • 中小企業診断協会城西支部
  • 健康ビジネス研究会
  • データ活用研究会
  • 日本産業ストレス学会
  • 日本産業衛生学会
【執筆実績】
  • 〔新訂版〕職場のメンタルヘルス100のレシピ(分担執筆)
  • 月刊人事マネジメント『ストレスチェック義務化時代の「健康経営」推進ガイド』
  • 安全スタッフ 『産業カウンセリングの現場から』
  • Biopsychosoc Med. 2010; 4: 17.”Why Japanese workers show low work engagement: An item response theory analysis of the Utrecht Work Engagement scale”(北里大学島津明人教授と共著)https://bpsmedicine.biomedcentral.com/articles/10.1186/1751-0759-4-17
【講演・セミナー実績】※顧客依頼に基づくもの
  • EAPの効果測定について 2018年3月4日 EAP普及コンサルティング協会様
  • 公認心理師試験対策セミナー 2018年5月13日 (心理相談室セコイア様)

これまでに経営行動科学学会、日本産業ストレス学会、日本産業衛生学会にて研究成果を発表。

お気軽にお問い合わせください。03-6403-3871受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら